リノベーション投資のメリット

中古物件は元手が少ない投資家でも投資しやすいのがメリットですが、建物自体が経年劣化しており大掛かりな修繕が必要になる、といったリスクもあります。
しかし、リノベーションを行うことにより、内容次第では家賃相場より5~10%程度高い家賃で入居者を付けることも可能になったり、家賃の下落を抑制したりする効果も期待できます。築15年の中古物件でも「建物や部屋に古さを感じない」「従来にない機能がある」「他にはないこだわりがある」物件では、新築物件にも劣らない需要を生み出すことが可能です。
リノベーション投資は、新築に比べて投資しやすい価格帯の中古物件を活用し、リノベーションにより相場以上の家賃収入を期待できる物件に変身させる投資のため、高利回りを狙えるのが大きなメリットになるわけです。